FC2ブログ

若草町 R+house 進捗日記(サッシ工事)

こんにちは。店長の大西です。(。-_-)ノ

今日も風が冷たく寒いですね。

春が近づいていると天気予報で言っていたので、寒さに耐えながら頑張りたいと思います。ヾ(。・Д・。)

さてさて、サッシ工事のご紹介です。

突然ですが、サッシは暮らしに大きく影響する事をご存じでしょうか?

デザイン性や通風・採光ぐらいでしょ?とお考えのお客様が多くおられるように思います。

間違えてはおりませんが、他に“熱”や“音”“プライバシー”などにも影響してきます。w(*゚o゚*)w

サッシは建物の開口部の砦ですので、デザインや通風・採光以外にも「暑い・寒い」や「騒音」「目線・視線」の事などを含めて考えて頂ければと思います

少し極端ですが、遮熱や防音、プライバシーの事だけを考えると窓が少ない方が有利だとも言えます。

“快適な暮らし”を考える上での開口部のポイントとしましては“サッシとガラスの性能”と“適切な開口部の大きさや数量”だと思います。

色々な側面で検討をして頂けると、見え方や考え方、感じ方も変わってくると思いますよ。w( ̄▽ ̄;)w

今回、私たちがチョイスしたサッシ部材は、YKK様のAPW330という商品で通称:樹脂サッシと呼ばれる商品です。

樹脂はアルミに比べて熱を伝えにくいので、断熱性にも優れ、結露対策にも有効です。

ガラスは当然ながらLow-eガラス。光を通しながらも熱量を抑える。

部材にはメリットとデメリットがありますので、お客様に合ったサッシ(開口部)選び、ご相談をして頂ければと思います。

次回は断熱工事です。お楽しみに!

IMG_1441.jpg

IMG_1442.jpg

IMG_1642.jpg

東大阪市内で注文住宅、リフォーム、リノベーションなら「ハイセンス」

スポンサーサイト

若草町 R+house 進捗日記(大工事・中間検査)

こんにちは。店長の大西です。(^-^*)/

朝晩の冷え込みや暖かい日、一日中寒い日など、毎日の寒暖差が激しいので服選びが大変ですよね。
体調などは崩していませんか?早めの予防に気を配りたいですね。
また、インフルエンザも流行っているようなので注意して下さいね。m(。≧Д≦。)m

さて、今日は大工事・中間検査のご紹介です。

住まいで大切なものの一つとして“耐震性”があげられると思います。

その耐震性を支えるのが“耐力壁”です。

耐力壁は地震だけではなく、台風を含めた水平荷重に抵抗する壁のことで、筋交いや合板等で壁を頑丈にします。(・ω・)b

その耐力壁には力が加わると端部に引き抜きの力が発生する為、頑丈な金物(ホールダウン金物等)で固定します。

建物が完成するまでには中間検査というものが行われ、検査では耐力壁や金物が適切な位置、数量、施工が行われているかを行政と瑕疵担保保険の両方に確認をして頂きます。

第三者のチェックが入るので、お客様にとっても私たちにとって安心ですね。d(>_< )

次回はサッシ工事です。お楽しみに!

IMG_1398.jpg

IMG_1437.jpg

IMG_1427.jpg

東大阪市内で注文住宅、リフォーム、リノベーションなら「ハイセンス」


R+house研修(岡山)

こんにちは。店長の大西です。(〃'∇'〃)

昨日、一昨日と岡山県までR+ハウスの研修に行っておりました。

今回もまた前回と同様に各地域、それぞれのお客様のお悩みや求めるものなどの情報共有や解決案などを話し合いました。

今回は「お客様が求めているモノ・コト」がテーマとなっておりました。

例えば、お客様のご要望として「建物や敷地の大きさ」「性能(耐震性や省エネ性)」「価格」「家づくりの理由」などなど。
当然の事ながら、ブログを読んで頂いている皆様も色々な希望や目的がありますよね?

私たち建築のプロとして出来る事は、今までお手伝いをさせて頂いたお客様の事例や自分たちの経験値などを織り交ぜながらお客様に合ったご提案を行い、ご希望と目的の整理や優先順位を一緒に決めていく事だと思います。
その上で、“住まいづくり”という一大イベントにどのように携わらせて頂けるのか?だと思います。

他の加盟店様の取り組み事例やご提案方法などを聞かせて頂き、色々な想いで住まいづくりをしているのだと改めて感じる事が出来ました。感謝!です。(*^▽^*)
私もお客様のご協力を得ながら、邁進していければと思います!頑張ります!


二日目も前回と同様に加盟店様のモデルハウスの見学をさせて頂いたので、そのご紹介をさせて頂きます。

今回のモデルハウスは凄いですよ!モデルハウスが住宅展示場に建っています!

たくさんのハウスメーカー様の建物が建ち並ぶ中、洗練されたデザインのモデルハウスは独特の雰囲気と存在感が溢れておりました。

住宅展示場のモデルハウスなので打合せスペースや事務所スペースが併設されており、戸建住宅という概念ではご紹介しにくいので、「店舗付き住宅」「○○教室付き住宅」と思って頂けると一気に親近感が湧いてくると思います。(〃∇〃)

外観は大きな箱が二つ並んでいるような佇まいで、少しマニアックな感想ですが“遠近感”や“立体感”の感じが絶妙でした。
(どのような角度で外観のイメージをしているのか…流石は建築家…脱帽です。)

内観は坪庭があり、行き止まりが無く、段差を上手にデザインとして取り入れ、キッチンからの見渡しが印象的でした。
さらにさらに、細部までディティールこだわっており“斜め”の使い方が抜群でした。(建築家…脱帽です。)

今回は“立体的な繋がりと広がり、こだわり”を感じる事が出来ました。

少し伝わりにくいと思いますが…3Dというより4D的な印象です…(〃´・ω・`)

大きな敷地、大きな建物になればなるほど可能性や選択肢が広がり、その中で答えを見つけ出していく事は非常に難しく、大変な作業だと思います。

住いづくりの目的や理由、優先順位の付け方の重要性を改めて感じます。

私もワクワクとドキドキを忘れずに住まいづくりのお手伝いが出来れば幸いです。(。-_-。)

IMG_2844.jpg

IMG_2866.jpg

IMG_2899.jpg

IMG_2883.jpg



東大阪市内で注文住宅、リフォーム、リノベーションなら「ハイセンス」

若草町 R+house 進捗日記(屋根工事2)

こんにちは。店長の大西です。

年明けからあっという間に一月が経ち、2月に突入ですね。w( ̄▽ ̄;)w

明日は節分、恵方巻きの丸かぶりですね。

今年は“南南東”を向いてガブリッと食べて下さいね!v(。・ω・。)

さてさて、今日は前回に続き屋根工事のご紹介です。

屋根材には瓦やカラーベストなど様々な種類があるのですが、今回の材料はガルバリウム鋼板です。

ガルバリウム鋼板の屋根材は、シンプル、モダン、軽い事などが特徴ですので、デザイン性や耐震性に優れていると感じております。

軒先の換気部材を取付けてから順番に施工していきます。

今回の建物は外部全体を通気工法としておりますので、打合せに打合せを重ねたこだわりの換気部材です。

マニアックな部分ではありますが、軒先のディティールが光ります。(○゚ε^○)v

次回は木工事です。お楽しみに!

IMG_1480.jpg

IMG_1556.jpg

IMG_1538.jpg

東大阪市内で注文住宅、リフォーム、リノベーションなら「ハイセンス」

プロフィール

注文住宅「ハイセンス」

Author:注文住宅「ハイセンス」
東大阪市で注文住宅を建てたい、建て替えをしたい、リフォーム・リノベーションしたい皆様へ。東大阪市で40年以上の歴史を誇る城戸産業がお届けする注文住宅「ハイセンス」で、あなたの理想の注文住宅を実現します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム