若草町 R+house 進捗日記(外壁工事)

こんにちは。店長の大西です。(´*o*`)ノ

初夏を感じさせるようなお天気が続いていますね。

今週末からいよいよGW!お出掛けの準備は進んでいますか?

この調子でGWのお天気にも期待したいですね。

私は、有り難い事にお仕事でバタバタしておりましてGWもバリバリと働いております!

┏| ̄^ ̄* |┛

さてさて、今日は外壁工事のご紹介です。

外壁材選びは、見た目のイメージやデザイン性を大きく左右するので難しいですよね。

大きく分けると、塗り壁やタイル、木材、鋼製材、窯業材などがあります。

それぞれにメリットやデメリットがあり頭を悩ませる部分だと思います。

また、選ぶ材料・材質によってはコストやメンテナンスの内容にも大きく影響します。

そのような悩みや問題を緩和する為、サイディング(窯業材)と呼ばれる材料がよく用いられています。

サイディングには石目調や木目調など色々なデザインや種類があります。

遠目で見ると、また材質によっては近くで見ても本物に見えるようなデザインもたくさんあるので、技術の進化に本当に驚かされます。(-д-`*)

そして、今回、私たちが採用した外壁材もサイディングなのですが、“素材感”や“本物志向”へのこだわりが強いR+house & 建築家 & 私(笑)。

どのような材料・材質であっても、選んだ“理由”と“物語”が大切です。(´・ω・`)

総合的なバランスと色々な選択に納得して選んで欲しいと思います。

今回の“理由”と“物語”に関してはじっくりとお話し合いが出来ればと思います。

GWも個別相談会のご予約を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さいね!(*ё_ё*)

次回は外壁工事2です。お楽しみに。

IMG_1754.jpg

IMG_1802.jpg

東大阪市内で注文住宅、リフォーム、リノベーションなら「ハイセンス」
スポンサーサイト

さすがプロ

こんにちは!アシスタントの龍造寺です(○´・Д・`)ノ
今日は晴れたり曇ったり…コロコロ天気ですね~。。
この週末も元気に出勤しております(」*´∇`)」
お散歩がてら遊びにいらして下さい♪
外出の際は、紫外線対策をお忘れなく|ω・`)♡曇りでも注意です!


さて、昨日は二組のお客様が来られました\(^o^)/

大西店長のお話しする姿に

かっこいいΣ(゚□゚(゚□゚*)
さすがプロ-----!!!!!!!!!!!!


と、心の叫び声が響きました。…はい、ちょっと大げさに言いました。笑
決して心の中で叫んでおりません。呟いた程度です。笑


ここからは大げさは無しで、本題です!

大西店長のすごいところは

引き出しの多さ
色んな角度からの提案

この二つなんです!!!


今まで積み上げた経験・学び続けて身に付けた知識・そして人柄。
全部のバランスが良いんだなぁと心底思いましたp(*^-^*)q


当たり前のことに全力を注ぐのも、色んな角度から物事を考えたり・情報収集するのも、どれもすごくエネルギーを使うと思います。
それが出来る大西店長は、思いやりの塊です♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
プロなんだからそれが普通ですって誰かに言われるかも知れないですが、私は尊敬しちゃいます(*´v`)


同じようにはなれなくても、私は私の役目を見つけて…… (^ω^ ≡ ^ω^) ドコ??
大西店長を見習って、思いやりを忘れずに頑張ろうと思いました!!
経験や知識は、今すぐどうこう出来るわけではないので日々修行ですっっ(´pωq`)


昨日はお忙しい中ご来店していただいたお客様の方々、誠にありがとうございました(^-^)/


東大阪市内で注文住宅、リフォーム、リノベーションなら「ハイセンス」


Simple is best(シンプルイズベスト)

こんにちは。店長の大西です。(o・ω・o)

本日、若草町 R+houseに看板を立てて頂きました。
(打合せがあったので途中までしか立ち会えなかったのですが…)

世の中には様々な“デザイン”が存在しますが、広い意味でデザインとは“問題解決”という意味も含まれております。
(熱い話しになりますので、デザインについては日を改めます(笑))

「シンプルはデザインでなない!」という言葉を聴いた事がありますが、シンプルも立派なデザインだと思います。

看板の意義・目的は、『伝える』ことでもあると思います。

伝える言葉もそうですが、 Simple is best 。

シンプルな考え方、生き方に憧れています。( ё з ё )

IMG_3371.jpg

東大阪市内で注文住宅、リフォーム、リノベーションなら「ハイセンス」

家づくりをする上で大切にしたいこと

こんにちは。店長の大西です。( ^・ェ・^)/

私は家づくりをする上で大切だと思っていることがたくさんあります。

その一つが“面談”です。

お会いしながらお話をすることで表情や仕草などからフィーリングを確かめ合えます。

一つ一つの面談は、私にとって凄く大切な時間ですね。

なぜ急にこんな事を言いだしたかというと、今日の面談予定の一つが延期になりまして…

家づくりへの想いや不安などをたくさん聞かせて頂けることを楽しみにしていたのですが…(ノд・。)

じっくりとコトコトと“想い”を煮込みながら『住まい』が出来上がればと思います。(* ̄∇ ̄*)

IMG_3321.jpg

東大阪市内で注文住宅、リフォーム、リノベーションなら「ハイセンス」



若草町 R+house 進捗日記(気密測定)

おはようございます。店長の大西です。

いよいよ海開きが始まりましたね!早速、海水浴を満喫してきました!(o^∇^o)ノ

… 今日はエイプリルフールなので乗っかってみました。c(>ω<)ゞ

皆様も、陽気な一日を過ごしているのではないでしょうか?

さて、今日は気密測定のご紹介です。

「気密測定?うん?何だ?」と思われたりしたのではないでしょうか?

聞きなれない言葉ですよね?初めて聞かれた方も多いと思います。

私自身も言葉は知っておりましたが、実際に測定をするのは初めてでした。( ̄□ ̄;)

簡単に説明をさせて頂きますと、建物には基本的に隙間があり、その隙間の面積(数量)をC値と呼び、C値を計る事を気密測定(C値測定)と言います。

隙間面積が少ない方が「熱」「音」「風」などが入りにくいので、C値は小さい方が良いのですが、他にもメリットがあります。

建物はシックハウス症候群対策として原則、24時間換気を義務付けられているのですが、気密性が高い建物の方が隙間風が入りにくいので、換気計画が実現し易い事などです。

気密測定は義務付けがありませんし、普通に考えると絶対的な必要性はないと思いますが、“高気密住宅”と言う以上は、測定の実施や目標値を決める必要性があると思います。

一般的な木造住宅のC値は5㎠/㎡位と言われておりますが、高気密仕様という事で0.5㎠/㎡以下を目標にしております。
今回の建物のC値は0.46㎠/㎡でした。\(*T▽T*)/

C値を高めるための努力や工夫、お手伝いをしていたので、目標達成が出来て本当に良かったです。

大工さん、コーキング屋さん、電気屋さん、設備屋さん、左官屋さん、ご協力をして頂き本当にありがとうございました!<(_ _*)>

次回は外壁工事です。お楽しみに。

IMG_1679.jpg

IMG_1681.jpg

東大阪市内で注文住宅、リフォーム、リノベーションなら「ハイセンス」

プロフィール

注文住宅「ハイセンス」

Author:注文住宅「ハイセンス」
東大阪市で注文住宅を建てたい、建て替えをしたい、リフォーム・リノベーションしたい皆様へ。東大阪市で40年以上の歴史を誇る城戸産業がお届けする注文住宅「ハイセンス」で、あなたの理想の注文住宅を実現します。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム